昭和舗道について about us

当社の特徴

伊豆という恵まれた自然環境の中で、長く安定した業歴を誇り、地元から愛され続けて半世紀、アスファルト合材の提供を軸に、道路だけでなく生活に直結した身近な工事など、地域のインフラを支えて参りました。
今後も昭和舗道は高い品質を維持し、社会からの信頼を得て、質の高い労働力と熟練した技術力を配し、お客様から選ばれる会社であり続けて参ります。

ごあいさつ

昭和舗道は、「健全な事業活動により、社会資本整備に貢献し、地域社会の生活向上に資することを使命とする」を経営理念に揚げ、昭和42年の創業以来、合材製造販売や道路舗装工事などを通して、伊豆地区の社会インフラ整備に取り組んで参りました。

地域密着、安全第一、高品質保持を意識し、常に地元の生活基盤を支えてこそ皆様から信頼される企業であり続けられると考えております。

今後も社会からの信頼を最優先に、高い技術の向上で、お客様から選ばれ、喜ばれる製品を目指してたゆまぬ挑戦を続けて参ります。

代表取締役社長 寺尾 直

会社概要

商 号
昭和舗道株式会社
設 立
1967年(昭和42年)8月22日
資本金
6,100万円
代表者
代表取締役 寺尾 直
所在地
静岡県伊豆の国市三福字岩下396番地の1
TEL.0558-76-1663 FAX.0558-76-0039
事業内容
アスファルト製造及び販売
道路工事(舗装、切削、清掃)
取引銀行
静岡銀行三島支店
三島信用金庫西支店
株主
山本建設株式会社、土屋建設株式会社、中林建設株式会社
株式会社後藤砕石販売、丸紅エネルギー株式会社、モリックス建機有限会社

交通アクセス

沿革

1967年8月
会社設立 静岡県伊豆の国市 資本金1,000万円
アスファルト合材プラント操業 販売開始
1968年10月
資本金2,000万円へ
1972年10月
資本金5,000万円へ
1972年11月
騒音又は振動に係る特定施設設置届出を申請
1982年6月
資本金6,000万円へ
1982年8月
静岡県知事に建設業許可 第19687号
1992年8月
再生合材用アスファルトプラントに改造
2016年6月
再生合材用アスファルトプラントの更新
2017年8月
創立50周年を迎える

組織図